So-net無料ブログ作成
検索選択

義経北行伝説 鈴久名 鈴ケ神社編 [週末散歩]

折角遠くまで来たのだから、静御前ゆかりの神社を目指さなければならない。

源 頼朝の追手の目を逃れた静御前と義経が再会した場所、という伝説の神社。

う~ん、これは何とも怪しげな伝説ではあるが、見る価値はあるだろう。

この場所も定かには判らなかったのだが、例の概略地図によると、横沢冷泉 静峰苑への途中にあると読める。

だが、静峰苑に向かう道にそれらしい神社は見当たらず、静峰苑の従業員のかたに伺うと、まったく逆方向にあるとのこと。

え!じゃこの地図は・・・・・・パンフレットの地図は信用しないように、というのが今回の教訓。

で、教えられたとおり目的地に向かったのだが・・・・・・・やはり見つけられないのだ。

案の定、案内板らしきものも無く自分で探せ!状態である。

ここでも探しに探し、やっと草ぼうぼうの山の斜面にそれらしきもの発見し、歩き出したのだが・・・・・・・・。

入り口がこんな状態ですよ~  連れが行きたくないよう~と、半泣き状態。 

DSC05770.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し歩くと鳥居に「鈴ケ神社」の名があり、どうやら間違いないことに少しほっとする。

静(しずか)→すずか に訛ったものと言われているが。

DSC05788.JPG

 

DSC05787.JPG

 

静御前の供養塔の彼方、山頂に見えるのは何だ?? あれが神社なのか?  あんな高いところに?

で、どこを歩けば?とわきを見ると、何ということでしょう、道なき道が、おいでおいでと誘っています。

でも道無いよ~~ 

DSC05774.JPG

 

少し歩くと今度は、ひょえ~崖登りなの?  非常に危険なのだが、ここまで来たなら行くっきゃない!

DSC05775.JPG

 

ひぇ~とか、うお~とか、あれ~とか、大騒ぎしながらやっと辿り着いた頂上には

DSC05777.JPG

 

伝説の「鈴ケ神社」がひっそりと佇んでいました。

いったいどこの誰が、こんなところに神社を建立し、そしてこのような伝説となったのでしょうか。

歴史のロマンに思いを馳せます。

眼下には田園風景が広がりますが、なんでこんな断崖絶壁の上なんだろう?との思いが消えない。

DSC05778.JPG

 

よっぽど義経北行伝説に興味のある人にしかお薦めできませんね。

とにかく場所がわかりずらくて、山道も危険ですから。

でも、またどこかにそんな伝説の場所があれば行くんだろうな、と思いながらこの地を後にしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ         にほんブログ村

岩手県 ブログランキングへ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: